ルイスポールセン|ペンダントライトの選び方

タスクアンビエント

ルイスポールセン|ペンダントライト選びのポイント

大きさ、素材、光が出る方向などで、おすすめの設置場所が変わります。

照明は、必要な場所に必要なあかりを届けることが大切です。
住宅では、作業をする場所など、必要な場所がきちんと明るければ良いと考えます。
部屋全体を煌々と照らす照明よりも、明るいところ、少し影があるところと空間に光の濃淡を付けることで、奥行きが感じられる空間になります。
寛げる空間にするためには、全体を均一に煌々と照らす照明よりも、空間に光の濃淡をつけることがおすすめです。

照らす範囲を知る

ここでは、ルイスポールセンのペンダントライトを選ぶ場合について考えてみます。
照明器具のデザインによって、照らす範囲が異なります。 デザインの特長を知り、照明が照らす範囲が分かると、設置場所に応じた照明を選ぶことができます!

タスクライト

タスクライトは、局部照明とも言われています。作業や目的に応じて、限定された狭い範囲とそのごく周辺を照らす方式です。
局部的に高い照度が必要な場合に採用されます。タスクライトと呼ばれるものは、主にデスクライトやスタンドライトなどが一般的です。

タスクライトとしても適するペンダントランプ

タスクライト

ルイスポールセンのペンダントライトの中でも、シェードの素材が光を透過せず、下方に光を集めるタイプの照明器具になります。
ダイニングテーブルの上に吊るすと、テーブル面が明るく際立って見えます。
食事・読書のほか、集中する作業に適します。
主に下方向を強く照らすランプは、照らす範囲が限られるので、高く吊って部屋全体を照らすのには向きません。

アンビエントライト

目的とする範囲全体をほぼ均一に照らす方式。全般照明、ベース照明とも言われます。
オフィスや大型商業施設などの作業性が優先される空間では、部屋のどこに居ても同じ光環境が求められるので、アンビエントライトと呼ばれる全般照明が一般的です。
住宅では、主にリビング、キッチン、各個室などで採用されますが、住まう人の作業や行為に合わせて必要なあかりがあれば良いので、必ずしも全般照明が必要ではありません。

アンビエントライト(全般照明)としても適するランプ

アンビエントライト(全般照明)

ルイスポールセンのペンダントライトのアンビエントライトとしては、シェード部分が吹きガラスなど光を透過する素材で、下の開口部から直接光を出すものがおすすめです。
上方にも光を拡散するので、全般照明としてリビングに高く吊るのにも適します。
ダイニングテーブルで使うほか、リビングルーム、寝室、子供部屋で、高い位置に吊り上げて使えます。

タスクアンビエントライト

作業する場所を効率よく照らし、その他の場所は低い照度で全体を照らす照明方式です。
タスクは作業灯、アンビエントは環境を明るくする照明を意味します。主に、オフィスや図書館の閲覧室などで採用されています。
住宅では、デスクやキッチンの作業面をタスクライトで効率よく照らし、その他の空間は、アンビエントライトで全体を照らします。

タスクアンビエントライトとしても適するランプ

タスクアンビエントライト

ルイスポールセンペンダントライトのタスクアンビエントライトとしては、特にガラス素材のPHランプになります。
下方向に光を集めるデザインですが、シェードの素材や形が上方に光を発し、部屋も照らします。
ダイニングに低く、リビングに高く吊る、両方に適します。
上方にも光を拡散するので、全般照明としてリビングに高く吊るのにも適します。

お支払いについて

下記、お支払い方法からお選びください。

配送について

【配送業者】
 ヤマト運輸
 佐川急便(大型商品)

【送料】
 全国一律送料無料!

 (※離島を除く)


>>詳細はこちら

返品交換について

商品が破損・汚損していた場合、注文商品と異なる場合は、商品到着後7日間以内であれば、当社負担にて返品・交換いたします。
お客様都合の場合、商品到着後7日間以内に連絡をいただだき、且つ未開封・未使用の場合に限ります。

>>詳細はこちら

安心の3年保証

当店では、お買い上げいただきました商品を安心して末永くご愛用いただけますよう、全商品に「3年間」の保証を無料でお付けしております。

保証期間:3年間
( メーカー保証1年 + 当店保証2年 )

>>詳細はこちら